自宅サーバの整理箱

自宅サーバを構築しwordpress,fedora,CentOSの作業メモ

*

日立WoooとpmsでDLNA構築の設定まとめ

   

PS3 Media Server(pms)と日立Woooを連携したDLNA設定についてまとめました。

日立WoooとMediaTombの連携ができました!トランスコードもばっちりできます。私の家ではmediaTomb-Woooが一番安定して再生できていますのでこちらの記事もご参考にどうぞ。
>>MediaTombと日立WoooでDLNA、トランスコード

我が家のテレビは日立製Woooです。購入したのは地デジ切り替え前のテレビ激戦時です。

WoooはDLNAサーバ、クライアント、HDD録画もすべてこみこみの内蔵で非常にお得な値段でしたので迷わず購入しました。しかしながらDLNAで再生可能な動画の規格が少なく、トランスコードしないと再生できないものがほとんどです。

wooo pms

そこで、Windows7のWMP12をDLNAサーバにしてトランスコード再生していましたが、Windows8へ切り替えたところWMP12から再生できなくなってしましました。おそらくこれはWindows8のWMPとWindows7のWMPに何か差があるのだと思いますが、調査してません。

さくっとWMP12はあきらめまして、pmsへ戻ってきました。
我が家で完璧に再生できる条件をご紹介しておきます。

まずは動作環境です。
<環境・OS・PPのバージョン>
ネットワーク:DLNAサーバ無線LAN接続
ネットワーク:Woooへ無線→有線コンバータ接続し無線LAN接続
CPU:Core i3
OS:Windows8.1 Pro 64bit
pms:1.90.1≪http://www.ps3mediaserver.org/

Java:最新のやつ≪http://www.java.com/ja/download/windows_xpi.jsp?locale=ja

次に動画再生用コーデックをインストールしています。
めんどくさがりなのでコーデックパックを適用しました。
<コーデック>
Codecパック:Shark007 Codecs≪http://shark007.net/win7codecs.html
64bitコンポーネントもついでにインストール。

Wooo.confの設定

Wooo.confの設定は、ネットで紹介されている.confファイルそのままで問題なし。そのままコピペしてrenderフォルダへ格納します。

# ps3mediaserver renderer profile for HITACHI Wooo series
# Refer to PS3.conf for help
RendererName=HITACHI Wooo
RendererIcon=bravia.png
UserAgentSearch= DLNADOC/1.50
UserAgentAdditionalHeader=X-AV-Client-Info
UserAgentAdditionalHeaderSearch= DLNADOC/1.50
Video=true
Audio=true
Image=true
SeekByTime=false
TranscodeVideo=MPEGAC3
TranscodeAudio=MP3
DefaultVBVBufSize=true
MuxH264ToMpegTS=true
MuxDTSToMpeg=false
WrapDTSIntoPCM=false
MuxLPCMToMpeg=false
MaxVideoBitrateMbps=0
MaxVideoWidth=0
MaxVideoHeight=0
H264Level41Limited=true
MimeTypesChanges=video/ts=video/mpeg|video/mpeg=video/x-mp2t-mphl-188
DLNALocalizationRequired=true
TranscodeExtensions=dvr-ms,dvr,mkv,dv,ty,mov,ogm,hdmov,hdm,rmv,rmvb,rm,asf,evo,asx,flv,m2v,mpe,mod,tivo,ty,tmf,ts,tp,m2p,mp4,m4v,avi,wmv,wm,divx,div,flac,mlp,fla,wma,m4a,aac,dts,mka,ape,ogg,shn,mpc,ra,mp2,wv,oma,aa3,gif,png,arw,cr2,crw,dng,raf,mrw,nef,pef,tif,tiff
StreamExtensions=
#Better/faster codec detection method ! true to enable it
#Need testing !
MediaInfo=true
Supported = f:mpegps|iso v:mpeg2 a:ac3|lpcm|aac|mpa m:video/mpeg 
Supported = f:mpegts v:mpeg2 a:ac3|lpcm|aac|mpa m:video/x-mp2t-mphl-188
Supported = f:mp3 m:audio/mpeg 
Supported = f:wav a:lpcm m:audio/L16 
Supported = f:jpg m:image/jpeg 

pmsの設定

それでは、さっそく起動してWoooとリンクするための設定をします。
我が家はこの設定でサクサクすべての動画が見れます♪

[基本設定]タブ
特に変更するところありません。
[表示・共有設定]タブ
動画が格納されている共有フォルダを設定します。それ以外は特にありませんが、Woooはサムネイル表示されませんのでOFFにしました。
・サムネイルを生成 OFF
[変換設定]
wooo pms 変換設定

基本設定で以下に設定します。
・最大バッファサイズ:400
・CPUスレッド:4
・ビデオSettingタブのRemix DVD ISO video track をOFF
・オーディオSettingタブのDTS/FLAQC->LPCMをOFF
・オーディオSettingタブのKeep AC-3 tracksをOFF
・オーディオSettingタブのDTSのままストリームするをOFF
・オーディオSettingタブのビットレートを384に変更
・オーディオSettingタブの音声言語の優先を:jpn,eng,fre,ger,und

ビデオファイルエンジンのMencoder Videoを優先に移動し、以下に設定しました。
・マルチコア対応を有効:ON
・H.264デブロックフィルタ:OFF
・ビデオと音声の同期:ON
・インターレス除去:OFF
・FFMpgからフレームレートを取得:OFF
拡大縮小するをONにし、幅640、高さ480に設定
・詳細設定の追加パラメタに以下を指定

vcodec == mpeg2 :: -ovc copy
container == mpegts :: -nosync
container == iso :: -ovc copy -nosync
container == iso :: -oac copy -nosync

これで再起動して終わりになります。
我が家の日立Woooからはこれで完璧再生、サイズ指定でトランスコードするので、画質は落ちますがテレビで視聴する分には十分です。
DVDのイメージファイルも再生できるし、aviもmp4もflvもmkvもなんでもこれで再生OK。

ワイヤレス環境はダメ!と一般的にバッサリ切られてましたが私の家ではかくかくしませんし、音飛びもしませんよ。
WoooでもまだまだDLNAライフいけます、困ってる方はお試しあれ。

 - DLNA, Wooo

 Total 1,624 views