自宅サーバの整理箱

自宅サーバを構築しwordpress,fedora,CentOSの作業メモ

*

格安SIMと携帯2台持ちでdocomo携帯料金を大幅節約に成功

   

最近はかなり流行ってきまいた格安SIMカードですが、docomoのMVNO事業者が大半になりますので、docomo携帯電話を持っていればSIMロック解除の必要はありません。

ずっときになっていましたので、ついに私も導入してみました。その効果を検証します。
格安SIMカード

SIMフリー、MVNOっていったい何?

携帯電話、スマートフォンには「SIMカード」というICチップが挿入されています、このチップに携帯電話番号や個人認証情報が入ってまして、docomoやau、SoftBankの通信回線を利用してネットや電話ができる仕組みになってます。

このように通信業者毎にSIMカードが異なりますので、端末も通信事業者毎の縛りをいれて、他社SIMカードを利用できなくしています。これが「SIMロック」と呼ばれています。

通常このように携帯端末はSIMロックされていますが、他社SIMカードを挿入しても利用できる携帯端末を「SIMフリー(端末)」といいます。

現在主流の「格安SIMカード」提供のMVNO通信事業者は、NTT Docomoの回線を使用しているため、ほとんどの格安SIMカードはNTT Docomoの携帯電話端末では、SIMロックされません。そのままSIMカードをdocomoの携帯電話に指すだけで利用できるのです!

格安SIMカード挿入格安SIMカード挿入

現在のdocomoの携帯利用料金

携帯電話の毎月の料金は結構バカになりません。
docomoのスマートフォンユーザの私は以下の料金がかかります。

・基本料金:743円 タイプXi にねん
・SPモード:300円 
・パケット定額:4700円 パケホーダイ・ライト(2GB)
・docomoWi-Fi:0円 永久無料
合計:5743円(税別)

やはり一番高いのはデータ通信用のパケット定額プラン。定額プランで一番安いパケホーダイ・ライトでも4700円もします。

私の場合は、通勤電車の中でニュースサイトを見たり、Youtubeを見たりするために1日平均30MB~50MB程度のパケットを使用しています。

格安SIMカードの選定

格安SIMカードの提供事業者は今では100社以上になります。私の場合は以下の点に注目して選定しました。

・安ければ安いほど良い!
・速度にこだわらない
・複数枚のSIMカードで使用可能(1契約で複数SIMカード利用)

ということで候補に挙がった格安SIMカード、MVNO事業者は「BB.exciteモバイルLTE」です。BB.exciteモバイルLTEですが非常に魅力的です。

私が選んだプランは「3Gコース」3Gコースの特徴を以下にあげます。

・SIMカード最大3枚
・通信容量無制限、200kbps
・月額固定料金で1100円
・SMS対応
・100MBの高速通信クーポンを毎月プレゼント
・使えなかった通信料は翌月へ持越し!

■exite.BB モバイルLTE
>>業界最安値LTE(exite.BB モバイルLTE)の詳細

さっそくWebから申し込み、クレジットカードがあればその場で入会手続きが完了します。申し込みしたSIMカードは1週間ほどで手元にとどきました。

そのほかにもSIMカードを複数でもてて、通信容量も大容量のおすすめプロバイダがあります。
■Biglobe LTE、しかもWi-Fiスポットの利用ができるプラン
>>BIGLOBE LTE・3G

携帯電話、スマホへ設定

スマホへは、格安SIMの「BB.exciteモバイルLTE」の1枚目SIMを挿入。docomoのUIM(SIMカード)は古いガラケーへ挿入して電話専用端末にします。

ただし私のスマートフォンはSO-04EのためSIMカードが標準SIMではなくミニSIMでしたので、古いガラケーSH-02Aにはサイズが合わずにそのままでは挿入できません。そこで楽天市場で格安の「SIMサイズ変換アダプタ」を購入。

[メール便20個まで送料180円]iPad/iPhone5ユーザー必見♪[メ5%]NOOSY nanoSIM⇒microSIM⇒通常...

[メール便20個まで送料180円]iPad/iPhone5ユーザー必見♪[メ5%]NOOSY nanoSIM⇒microSIM⇒通常…
価格:98円(税込、送料別)

私が購入したときは、レビュー書き込みで「送料無料」となりました。98円で変換アダプタが購入できますので、とても安い買い物でした。

また、1世代前のスマホso-02cが手元にありましたので、これに2枚目のSIMカードを挿入し子供が遊びに行くときや、習い事に行くときに持たしてあげます。LINE電話で連絡すればよいと思ってますので、SMS対応SIMでOKとしました。

最後の3枚目のSIMカードですが、嫁のスマートフォンに挿入し、私と同じように古いガラケーにdocomoのUIM(SIM)を指して携帯電話とスマートフォンの2台持ちにしました。

これで我が家の携帯電話料金の改造は完了となります。

格安SIM導入の結果とまとめ

docomo携帯電話から格安SIMカードを導入して料金を抑えた結果をまとめます。

<見直し前>
[私]
SO-04E(docomoスマホ)
・基本料金:743円
・SPモード:300円 
・パケット:4700円
[嫁]
SO-04E(docomoスマホ)
・基本料金:743円
・SPモード:300円 
・パケット:4700円
[子]
携帯なし

合計 11486円+通話料金

<格安SIM導入、携帯2台持ちで見直し後>
[私]
SO-04E(docomoスマホ)
SH-02A(docomo携帯電話)
・基本料金:743円
・SPモード:300円 
・パケット: 0円
・excite.bb モバイルLTE 1100円(SIM3枚分)
・excite.bb SMS追加サービス 140円
格安SIM、SO-04EMVNO,SIM + SH-02AMVNO,SIM
[嫁]
SO-04E(docomoスマホ)
P-04B(docomo携帯電話)
・基本料金:743円
・SPモード:300円 
・パケット: 0円
・excite.bb モバイルLTE 0円
・excite.bb SMS追加サービス 140円
格安SIM、SO-04EMVNO,SIM + P-04BMVNO,SIM
[子]
SO-02C(docomoスマホ)
・excite.bb モバイルLTE 0円
・excite.bb SMS追加サービス 140円
SO-02C,MVNOMVNO,SIM

合計 3606円+通話料金
差額 11486円-3606円=7880円
しかも子供の携帯電話も持つことができました!!

これは、早くやればよかったです。見直し始めてから1カ月ほど経過しましたが、特にストレスは感じてません。2台持ちも悪くないです。むしろ携帯電話がポケット、スマホは必要ないときはカバンの中。とすっきりしました。ガラケーって実は軽くて小さくて、電池長持ちで素晴らしいと思いました(笑)

ガラケーが手元になくてもヤフオク!や楽天の中古携帯電話ショップで格安販売されています。1000円以下で送料無料で購入できます。
>>中古携帯電話の販売「イオシス」

補足:
*excite.bbの初期費用3000円は別途必要になります。
*docomoのパケット定額プランを外す時にはdocomoショップでしかできません。私がショップでパケ放題をはずしたいといったときには、なかなか理解していただけず、契約的に問題があるかもしれないといわれ1時間もかかりました。(結局なんの問題もなくパケ放題のみ解約できました)
*SMSサービス140円は、LINE認証に必要な為に付けました。そのほか「セルフスタンバイ」という課題もあるのでSMSオプションサービスをつけておくことがおすすめです。

 - 格安SIMカード

 Total 457 views